読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ABC-ドラゴン・バスターのデッキ案とその対策・メタを考える

いよいよ発売まであと数日に迫った

ストラクチャーデッキ海馬瀬人

 

今回はこちらで新たに登場する

ABCエービーシー-ドラゴン・バスター

f:id:PsychoJigsaw:20160616231904j:plain

エー-アサルト・コア

f:id:PsychoJigsaw:20160616231710j:plain

ビー-バスター・ドレイク

f:id:PsychoJigsaw:20160616231714j:plain

シー-クラッシュ・ワイバーン

f:id:PsychoJigsaw:20160616231718j:plain

ユニオン格納庫かくのうこ

f:id:PsychoJigsaw:20160616232050j:plain

 

こいつらの紹介と【ABC】デッキ案、そしてそれらへの対策やメタを書いて行きたいと思います

 

 

まずは基本となる3体の「A」「B」「C」から

エー-アサルト・コア

f:id:PsychoJigsaw:20160616231710j:plain

ユニオン・効果モンスター

星4/光属性/機械族/攻1900/守 200

①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、

このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。

装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

●装備されているこのカードを特殊召喚する。

②:装備モンスターは他の相手モンスターの効果を受けない。

③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。

このカード以外の自分の墓地のユニオンモンスター1体を選んで手札に加える。

 

ビー-バスター・ドレイク

f:id:PsychoJigsaw:20160616231714j:plain

ユニオン・効果モンスター

星4/光属性/機械族/攻1500/守1800

①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、

このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。

装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

●装備されているこのカードを特殊召喚する。

②:装備モンスターは相手の魔法カードの効果を受けない。

③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。

デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。

 

シー-クラッシュ・ワイバーン

f:id:PsychoJigsaw:20160616231718j:plain

ユニオン・効果モンスター

星4/光属性/機械族/攻1200/守2000

①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、

このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。

装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

●装備されているこのカードを特殊召喚する。

②:装備モンスターは相手の罠カードの効果を受けない。

③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。

手札からユニオンモンスター1体を特殊召喚する。

 

共通部分は以下の通り

 

ユニオン・効果モンスター

星4/光属性/機械族

①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、

このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。

装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

●装備されているこのカードを特殊召喚する。

②:装備モンスターは相手の(モンスター・魔法・罠)カードの効果を受けない。

③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。(ry

 

これらの効果のうち、特に重要なのが「B」の

③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。

デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。

 

この効果は装備状態で墓地へ送られても発動し、手軽にデッキからサーチができます。

これだけでも覚えておきましょう。

 

次は展開の要、「ユニオン格納庫」です

ユニオン格納庫かくのうこ

f:id:PsychoJigsaw:20160616232050j:plain

フィールド魔法

「ユニオン格納庫」は1ターンに1枚しか発動できない。

①:このカードの発動時の効果処理として、

デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。

②:1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが

召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性の

ユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。

この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

 

なんと発動するだけでサーチ、更に召喚成功時にもサーチとアドの塊です。

このカード1枚だけで「A」「B」「C」のうち2枚が揃います。

具体的な展開パターンは後述します。

 

そして最後は切り札、「ABC」です

ABCエービーシー-ドラゴン・バスター

f:id:PsychoJigsaw:20160616231904j:plain

融合・効果モンスター

星8/光属性/機械族/攻3000/守2800

「A-アサルト・コア」+「B-バスター・ドレイク」+「C-クラッシュ・ワイバーン

自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ、

エクストラデッキから特殊召喚できる。(「融合」は必要としない。)

①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを除外する。

この効果は相手ターンでも発動できる。

②:相手ターンにこのカードをリリースし、

除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を対象として発動できる。

そのモンスターを特殊召喚する。

 

XYZ」との決定的な違い…それは素材を墓地からも除外できる点です。

これと②の分離効果により、まるで不死鳥の如く何度も蘇ります。

これがフリチェ除外まで持っているんだから強いに決まっていますね。

 

次に、相性の良いカード達を紹介します

f:id:PsychoJigsaw:20160617002628j:plain

言うまでもありませんね、デッキの要である格納庫をサーチできます。

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617002930j:plain

f:id:PsychoJigsaw:20160617002939j:plain

「A」「B」「C」を展開しつつ、ランク4に繋げる事ができます。

また相互サーチでき、装備効果や後述の「同胞の絆」にも対応しています。

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617003416j:plain

f:id:PsychoJigsaw:20160617003424j:plain

①「ユニオン格納庫」で「A」または「C」をサーチ、そのまま召喚し効果で「B」を装備

②「トランスターン」でリリースし銀河戦士をSS、「B」の効果で最後の1種をサーチ、「銀河戦士」の効果で同名モンスターをサーチ

③2枚目の「銀河戦士」の効果で手札の最後の1種を切ってSS

上記の手順で簡単にノヴァインフィニティ+ABCの布陣が完成します、覚えておきましょう。

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617004255j:plain

SSできないデメリットは痛いですが、簡単に「A」「B」「C」の三種を揃える事ができます。

前述の金銀ガジェットや「超電磁タートル」にも対応しており、また装備効果は使えるので強固な壁を作る事もできます。

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617004625j:plain

金銀ガジェットから展開した際に用います。

普通にサーチ効果として使い、展開や後続に繋げて行きます。

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617004630j:plain

こちらも金銀ガジェットから展開する場合に使用しますが、基本的にアド損なので少々使いどころが難しいです。

しかし手札に残り2種が存在する場合、このカードの効果で墓地へ送る事で容易に「ABC」の召喚条件を満たす事ができます。

 

以上を踏まえたデッキ案がこちらです

f:id:PsychoJigsaw:20160617123745p:plain

 

参考になったでしょうか?

では次に、これらのデッキへの対策・メタカードを紹介して行きます

 

 

一見、無敵に見える「ABC」ですが、一つだけ弱点が存在します。

 

それは「分離効果が相手ターンにしか使用できない」点です。

 

要は「ABC」の特殊召喚に合わせて罠を当てれば簡単に止まります。

しかしこれは先攻を取る事が前提になりますので、あまり有効とは言えません。

なので、後攻でも使えるカード達を紹介して行きます。

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617011033j:plain

f:id:PsychoJigsaw:20160617011041j:plain

まずはこいつら。要は墓地に落ちた「A」「B」「C」を除外して「ABC」の召喚条件を妨害します。

他の環境デッキにも刺さるのでメタとして共有しやすいのもメリットです。

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617011331j:plain

次にこいつ。チェーンを作らず除去できるので、簡単に「ABC」を消し飛ばす事ができます。

同じく他のデッキへのメタと共有できるのもプラスです。(Kaijuが来日したらいらない子になりますが…)

 

f:id:PsychoJigsaw:20160617011549j:plain

最後にこいつ。EXを1枠消費しますが、引ければほぼ勝ちです。

EXに余裕があれば採用してみるといいでしょう、ついでに彼岸あたりも見れます。

 

最後に総括ですが、前述の通り他のデッキとメタが被りまくっている上に後手でのバックに弱いので正直環境は厳しいです

カードパワーは高いですが、せいぜい中堅止まりではないかと思っています

 

以上でぼくの【ABC】考察は終わりです

 

意見があればこちらへどうぞ↓

ジグソーは勇者である (@PsychoJigsaw) | Twitter

 

ルールとマナーを守って良きユニオンライフを!